タグ付きの投稿 ‘建築’

イロハモミジ

イロハモミジ

  樹高は10~15mになり、低い山地のやや湿り気のある日当たりのよい斜面や沢沿いに生育する。 一般にモミジといえば、イロハモミジのことを指し、公園・庭園・寺院等によく植えられる。秋の紅葉はたいへん美しく、紅葉…

続きを読む

コナラ

コナラ

  樹高は15~20mになり、日当たりの良い山野に生育する。 晩秋にかけて黄葉、または紅葉(若木)し、新緑ともに味わいがある。適潤地で大きく成長でき、直根をよく発達させるので土砂崩れなどの防止に役立つ。 コナラ…

続きを読む

ミズナラ

ミズナラ

  樹高は30~35mになり、山地や深山に生育する。 適潤地で大きく成長でき、直根をよく発達させるので土砂崩れなどの防止に役立つ。秋の黄葉は年による当たり外れが少なく、なかなか見応えがあり、また、秋に熟す果実は…

続きを読む

イタヤカエデ

イタヤカエデ

  樹高は10~15mになり、日当たりのよい谷間やその斜面に生育する。 材は堅く粘り強いためスキーやラケット等の材料として使われ、また樹液はタバコの香料に使われる。 葉は大きめで表面に光沢があり、秋にはたいへん…

続きを読む

カシワ

カシワ

  樹高は10~15mになり、山野のほかやせた土地や乾燥地、海岸にも生育する。 日当たりが良く多少湿り気のある場所が適地だが、乾燥にもよく耐え、防風林等に利用される。葉は大きくて殺菌・保存性があり、柏餅を包む葉…

続きを読む

シバグリ

シバグリ

  樹高は15~20mになり、山野の雑木林に生育する。材は腐りにくく、耐久・耐水性に優れている有用材で建築材等に利用される。 食用のドングリとして多くの園芸品種があるが、一般に野生種はシバグリ、栽培種はタンバグ…

続きを読む

トチノキ

トチノキ

  樹高は20~30mに鳴り、山地の谷筋・沢沿いなど湿り気の多い場所に生育する。 花からは良質の蜂蜜が得られ、果実は栃餅などの食用や打ち身などの民間薬になり、また材も建築材に利用される等有用である。 トチノキの…

続きを読む

オニグルミ

オニグルミ

  樹高は20~25mになり、河川の流域や山地の谷川に沿った湿った場所に多く生育する。樹皮は薬用として利用され、果実はリスやネズミの食料になる。 また、果実の中の種子は美味しく食用できる。 オニグルミの名は、オ…

続きを読む

ケヤキ

ケヤキ

  樹高は20~25mになり、山野の川沿い等に生育する。成長が早く寿命が長いうえに湿気にもよく耐え保存性も高い。 また、春の新緑、秋の黄葉ともに美しく、材としても高級建築材料に利用されることでよく知られている。…

続きを読む

ヤマザクラ

ヤマザクラ

  樹高は15~25mになり、丘陵帯から山地帯下部に生育する。 サクラといえば本来は本種を指し、陽樹で生長は早く、浅根で肥沃な深層土を好む。 よい香りのする材は建築材等に利用され、かつては浮世絵の版木に必ず使わ…

続きを読む
Translate »