トチノキ

トチノキ

 

学名Aesculus turbinata
分類(科、属)ブナ科クリ属
種類落葉高木
用途庭木、公園・街路樹、建築・器具・楽器材
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は20~30mに鳴り、山地の谷筋・沢沿いなど湿り気の多い場所に生育する。

花からは良質の蜂蜜が得られ、果実は栃餅などの食用や打ち身などの民間薬になり、また材も建築材に利用される等有用である。

トチノキの名は、シンボル樹として昔から親しまれていたという意味の土地の木からつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »