シラカバ

シラカバ

 

学名Betula platyphylla var.japonica
分類(科、属)カバノキ科カバノキ属
種類落葉高木
用途庭木、公園・街路樹、建築・器具材、樹皮は細工物
分布北海道、本州(福井、岐阜県以北)、アジア東北部

樹高は10~25mになり、深山の日当たりのよい場所に生育する。

成長が早く、山火事・伐採・山崩れなどでできた裸地にいち早く定着する。

秋になるとたいへん美しく黄葉し、高原の風景を象徴する木として知られている。

シラカバの名は、樹皮が白いことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »