シナノキ

シナノキ

 

学名Tilia japonica
分類(科、属)シナノキ科シナノキ属
種類落葉高木
用途庭木・公園樹・建築材・器具材・ベニヤ・パルプ
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は8~10mになり、渓流沿いの大きい物は30mにもなる。生育範囲は広いが、山地、尾根から山腹、渓流沿いに生育する。

花からは良質の蜜が採取できるので、花の時期にはこの木の多い森にて採蜜を営む。

シナノキの名は、皮がシナシナになる事や、古くアイヌの人達が布や縄を作ったため・しばる・結ぶ・くくる・という意味のアイヌ語からきたものとされている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »