シバグリ

シバグリ

 

学名Castanea crenata
分類(科、属)ブナ科クリ属
種類落葉高木
用途庭木、建築・彫刻材
分布北海道(西南部)、本州、四国、九州(屋久島)まで

樹高は15~20mになり、山野の雑木林に生育する。材は腐りにくく、耐久・耐水性に優れている有用材で建築材等に利用される。

食用のドングリとして多くの園芸品種があるが、一般に野生種はシバグリ、栽培種はタンバグなどと呼ぶ。

シバグリの名は、落ちた実が石に似ていることから石の古語にあたるクリの転訛などの諸説からつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »