オオシマザクラ

オオシマザクラ

 

学名Prunus speciosa
分類(科、属)バラ科サクラ属
種類落葉高木
用途庭木、公園・街路・防風樹、器具材、薪炭、接ぎ木の台木
分布伊豆諸島・半島、房総半島、三浦半島、暖かい所で野生化(日本固有種)

樹高は8~10mになり、伊豆半島・房総半島・伊豆七島に多く生育する。成長が早いうえに樹勢が強いので潮風にも耐え、防風林や薪炭用材等に多く利用されている。

また、葉は塩漬けにして桜餅を包むのに使われる。

オオシマザクラの名は、伊豆大島に多く産することからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »