ナツツバキ

ナツツバキ

 

学名Stewartia pseubocamelia
分類(科、属)ツバキ科ナツツバキ属
種類落葉高木
用途庭木、香エンジュ、床柱、建築・器具・彫刻材
分布本州(宮城・新潟県以西)、四国、九州、朝鮮

樹高は10~15mになり、谷筋や崩壊地などの山地に生育する。

繊細かつ清楚で美しい白い花が咲き、紅葉もきれいであることから家庭でも植栽されることが多くなり、材は建築用などに、樹木は庭木用等に利用される。

ナツツバキの名は、夏にツバキによく似た花を開くことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »