ナナカマド

ナナカマド

 

学名Sorbus commixta var.commixta
分類(科、属)バラ科ナナカマド属
種類落葉高木
用途庭木、街路樹、器具・花材
分布北海道、本州、四国、九州、アジア東北部

樹高は6~10mになり、山地の林縁や尾根等に生育する。材は器具材、樹皮は染料、外皮は薬用となる。

また、初夏に白い花が咲き秋の果実や紅葉ともに美しく、庭木・公園樹・生花等にも利用される。

ナナカマドの名は、材が燃えにくく、かまどに七度いれてもまだ燃え残ることからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

Translate »