ムラサキシキブ

 

学名Callicarpa japonica
分類(科、属)クマツヅラ科ムラサキシキブ属
種類落葉低木
用途庭木、器具材、箸、杖
分布北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾

北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾 樹高は2~3mになり、兵陵帯や山地帯に生育する。

幹がまっすぐに伸び強靭であることから、金槌などの道具の柄や杖に用いられる。秋に赤紫色に熟す果実はたいへん美しく、葉が落ちた後も残るので鑑賞価値がある。

ムラサキシキブの名は、紫色の果実を紫式部にたとえたことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »