ミズキ

ミズキ

 

学名Swida controversa
分類(科、属)ミズキ科ミズキ属
種類落葉高木
用途庭木、街路樹、建築材、薪炭、食器、箸、下駄、杖、こけし、印鑑
分布北海道、本州、四国、九州、アジア東南部

樹高は10~20mになり、平地から山地まで幅広い環境で見られ、やや湿った場所に生育する。

成長が早く土壌の良好な場所では優占することもある。また、材は白くて軟らかく加工しやすいので、彫物や細工物に利用される。

初夏の頃には枝いっぱいの花が咲き、秋の黄葉ともに一際目にとまる。

ミズキの名は、樹液が多く、早春に枝を切ると水がしたたり落ちるところから水木(みずき)とつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »