メグスリノキ

メグスリノキ

 

学名Acer nikoense
分類(科、属)カエデ科カエデ属
種類落葉高木
用途庭木、器具材
分布本州(宮城・山形県以西)、四国、九州

樹高は10~15mになり、山地に生育する。日本にだけ自生する珍しい植物で、秋には美しく鮮やかに紅葉することから、その三小葉を超の舞う姿に見立ててチョウジャノキ等ともいわれる。

メグスリノキに含まれる成分は目や肝臓の調子を整えてくれる。

メグスリノキの名は、樹皮や葉を煎じて目薬に利用したことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

Translate »