マユミ

 

学名Euonymus sieboldianus
分類(科、属)ニシキギ科ニシキギ属
種類落葉低木~高木
用途庭木、応援樹、盆栽、小箱、玩具、櫛
分布北海道、本州、四国、九州(屋久島まで)、南千島、サハリン、朝鮮南部、中国

樹高は3~5mになり、山野の林縁などに生育する。材は象牙色で緻密であり、将棋の駒等木工芸品材料に適する。

また、紅色に熟す果実はたいへん美しく、初雪の頃でもかなり遅くまで残る。

マユミの名は、枝が丈夫でよくしなるので弓を作ったことから真弓(まゆみ)としてつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »