マンサク

マンサク

 

学名Hamamelis japonica
分類(科、属)マンサク科マンサク属
種類落葉小高木
用途庭木、盆栽、公園樹、生垣、花材
分布本州(主に太平洋側)、四国、九州

樹高は2~6mになり、山地の乾いた尾根や斜面等に多く生育する。

適度に湿った水はけのよい場所を好み、病害虫や大気汚染に強い。早春には葉に先立って繊細で形のおもしろい黄色の花を咲かせ、また、秋には美しく黄葉することから、観賞用として利用される。

マンサクの名は、花が多く満開の様子を表した豊年満作からきた等の諸説からつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »