コハウチワカエデ

コハウチハカエデ

 

学名Acer sieboldianum
分類(科、属)カエデ科カエデ属
種類落葉高木
用途庭木、公園・街路樹、器具材
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は10~15mになり、低山に生育する。

成長はやや早く、移植は容易であるので公園・街路樹等に使われる。また、秋には例外なくほとんど同じようにたいへん美しく紅葉する。

コハウチワカエデの名は、葉の形を鳥の羽で作ったうちわにたとえたことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »