カツラ

カツラ

 

学名Cercidiphyllum japonicum
分類(科、属)カツラ科カツラ属
種類落葉高木
用途庭木、公園樹、建築・家具・器具・船舶・楽器・彫刻材、ベニヤ、鉛筆
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は25~30mになり、湿り気のある山の谷間や渓流沿いに生育する。

ハート型で丸い葉はよく目立ち、春の新葉や秋の黄葉はたいへん美しい。樹皮にはタンニンが含まれていて、染料として利用される。

カツラの名は、葉がいい香りの木なので香出らといい、それが転訛してつけられた等の諸説があり、葉を粉末にしてお香をつくるので別名香の木とも呼ばれている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

Translate »