カシワ

カシワ

 

学名Quercus dentata
分類(科、属)ブナ科コナラ属
種類落葉高木
用途庭木、建築・家具材、枕木、タンニンの原料
分布北海道、本州、四国、九州、アジア東北部、中央アジア

樹高は10~15mになり、山野のほかやせた土地や乾燥地、海岸にも生育する。

日当たりが良く多少湿り気のある場所が適地だが、乾燥にもよく耐え、防風林等に利用される。葉は大きくて殺菌・保存性があり、柏餅を包む葉として知られる。

カシワの名は、カシワの葉が厚いため、昔は食べ物の下敷きにしたことから食敷葉(けしきは)と呼ばれ、これが転訛してカシワになったことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »