カラマツ

karamatsu

 

学名Larix kaempferi
分類(科、属)マツ科カラマツ属
種類針葉樹
用途公園・防風樹、建築・土木・器具材、パルプ
分布本州(宮城県蔵王山~石川県白山・静岡県){日本固有}

樹高は20~30mになり、日当たりのいい深山や荒地・痩せ地・湿地に生育する。

成長が早く、崩壊地や山火事跡などにも植えられ、防風林などに利用される。

日本産の針葉樹で唯一落葉し、新緑や晩秋の黄葉はたいへん美しい。

カラマツの名は、葉の付いた様子が唐模様に似ていることからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »