イタヤカエデ

イタヤカエデ

 

学名Acer pictum
分類(科、属)カエデ科カエデ属
種類落葉高木
用途庭木、建築・家具・器具・楽器材、スキー、バット
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は10~15mになり、日当たりのよい谷間やその斜面に生育する。

材は堅く粘り強いためスキーやラケット等の材料として使われ、また樹液はタバコの香料に使われる。

葉は大きめで表面に光沢があり、秋にはたいへん美しく黄葉する。

イタヤカエデの名は、葉が水平に茂る様子を板屋根に見立てたことからついている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »