イヌエンジュ

イヌエンジュ

 

学名Maackia amurensis
分類(科、属)マメ科イヌエンジュ属
種類落葉高木
用途庭木、建築・器具・彫刻材
分布北海道、本州(中部地方以北)

樹高は10~15mになり、山地の林縁や川岸、湿地周辺等とやや湿った場所に生育する。陽樹であり、材は堅くねばりがあるうえに光沢が美しいので、床柱や手斧等幅広く利用される。

また樹皮は染料のほか胃薬等に使われ、若葉はゆでて苦みを抜いて食用としてお茶の代用にもなる。

イヌエンジュの名は、エンジュに似て非なるものということからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »