イチョウ

イチョウ

 

学名Ginkgo biloba
分類(科、属)イチョウ科イチョウ属
種類落葉高木
用途公園・街路樹、盆栽、基盤、将棋盤
分布中国原産

樹高は10~30mになり、古い時代に渡来し、社寺の境内や街路樹・防火樹として広く植えられている。

成長が早いうえに寿命が長く、深根性で陽地を好み耐寒・公害に強く、乾燥・刈り込みにも耐える。葉は秋になるとたいへんきれいに黄葉し医薬品としても利用され、種子の銀杏(ギンナン)は食用や咳止めにも使われる。

イチョウの名は、イチョウの葉が鴨の脚を連想した鴨脚(イ・チャオ)の中国発音からついている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »