ホオノキ

ホオノキ

 

学名Magnolia hypoleuca
分類(科、属)モクレン科モクレン属
種類落葉高木
用途公園・街路樹、建築・器具・楽器・彫刻・船舶材、下駄、樹皮は薬用
分布北海道、本州、四国、九州、南千島、中国

樹高は20~30mになり、山地や兵陵の雑木林に生育する。

材は柔らかく加工もしやすので、家具、木工、画板等に利用され、樹皮は薬用に使われる。また、葉は朴葉味噌に利用されることでも有名であり、甘い芳香のする白い花は美しく、葉・花の両方ともに大きくて存在感が際立つ。

ホオノキの名は、大きな葉に食物を盛ったことを意味する包の木からつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »