ハクウンボク

ハクウンボク

 

学名Styrax obassia
分類(科、属)エゴノキ科エゴノキ属
種類落葉小高木
用途庭木・街路樹・器具材
分布北海道、本州、四国、九州

樹高は6~10mになり、山地の落葉樹林に生育する。寺院などに多く植えられていて、また種子からは油分が採れろうそくが作れる。

ハクウンボクの名は、花期に白い花が群がるように咲きその咲く形を白い雲に見立てた事からつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »