エゴノキ

エゴノキ

 

学名Styrax japonica
分類(科、属)エゴノキ科エゴノキ属
種類落葉高木
用途くり物、傘のろくろ、床柱、玩具、杖、駆虫剤、肥料
分布北海道(日高地方)、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、フィリピン北部

樹高は7~15mになり、比較的水分のある川・谷沿いや雑木林に生育する。

初夏に白く可憐な花を咲かせる雑木林を代表する花木であり、果皮にはエゴサポニンが含まれていて、洗濯石けん等の代わりに使われる。

エゴノキの名は、この果皮に含まれるエゴノサポニンがえぐい成分(苦味)であることからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »