ダケカンバ

ダケカンバ

 

学名Betula ermanii
分類(科、属)カバノキ科カバノキ属
種類落葉高木
用途庭木、建築・器具材
分布北海道、本州(奈良県以北)、四国(愛媛・高知・徳島県)アジア東北部

樹高は10~20mになり、高山や北地の山地の日当たりのよい斜面に生育する。

成長が早く長寿であり、環境で変化する樹形は独特なものがある。

森林限界などでは低木状のものが多いが、積雪・雪崩・強風が頻発するような崖でも生長できる。ダケカンバの名は、高地に自生するので岳のついたカバノキからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »