アキグミ

アキグミ

 

学名Elaeagnus umbellata
分類(科、属)グミ科グミ属
種類落葉低木
用途庭木、器具材、砂防樹
分布本州、四国、九州、沖縄朝鮮、中国、台湾、ヒマラヤ、カラコルム

樹高は2~5mになり、日当たりのよい川原や原野、道端などに生育する。痩せ地でも生きていけるので、海辺の砂防用や土止めなどに植栽される。

秋に丸くて赤い果実がつき、果実酒やジャムとして食用される。

アキグミの名は、秋に果実が熟すことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »