第69回全国植樹祭ふくしま2018に協賛致しました

全国植樹祭とは、国土緑化運動の中心的行事として、昭和25年以来、毎年春に国土緑化推進機構と開催地都道府県との共催により開催されております。
天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国各地から多数の参加者を得て、両陛下によるお手植えや参加者による記念植樹が行われます。福島県では昭和45年に猪苗代町天鏡台で開催されました。

育てよう 希望の森を いのちの森を

と題して、2018年度は6月10日に福島県南相馬市で開催されることが決定されました。

画像クリックで第69回全国植樹祭ふくしま2018の詳細へ(福島県のホームページ)

 

来年退位を控えた天皇陛下と皇后さまにとって、植樹祭への出席は今回で最後となる見通しで、東日本大震災の被災地訪問も今回で最後となる可能性があるそうです。

 

地元福島での開催に鑑み、上原樹苗では、2018年6月10日に開催される、第69回全国植樹祭ふくしま2018に協賛致しました。

あわせて、第69回全国植樹祭福島県実行委員会 幹事長代理 五十嵐 俊夫 政策監〔福島県農林水産部政策監〕より、平成30年4月18日(水)に感謝状を頂戴いたしました。

 

感謝状授受式の様子はこちら(福島県のホームページ)

画像クリックで拡大

 

植樹祭のサテライト会場では南相馬市の式典会場の様子を大型ビジョンカーで放映するとともに、ご当地グルメや木工体験コーナー、ステージイベントや、記念の植樹活動にもご参加いただけますので、お時間のある方は奮ってご参加ください。

Translate »