ヤシャブシ

 

学名Alnus firma
分類(科、属)カバノキ科ハンノキ属
種類落葉小高木~高木
用途砂防・緑化樹、床柱、薪炭、果穂は染料
分布本州(太平洋側)、四国、九州

樹高は20mほどになり、山地に生育する。材は木櫛等に、木は砂防植栽用ならびに肥料木、葉は水田の肥料、果実は染料として様々に利用される。

痩せ地、裸地、急な斜面でも成長が早く、こういった場所の緑化にも利用される。

ヤシャブシの名は、夜叉五倍子の意味で、夜叉は果実の表面がでこぼこであり、五倍子は果実にタンニンが多いことからつけられている。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Translate »